こんにちは!

一般社団法人 日本ダイエットコーチング協会
認定ダイエットコーチ 滝沢裕子です。

前回は
「成長ホルモンのポイント!睡眠」
をお伝えしました。

深い眠りに入る事で成長ホルモンが
分泌されやすくなることがわかりました。

夜中に何度も目が覚めてしまう人は
成長ホルモンが十分に分泌されていないかもしれません。

では第35回目の記事
「成長ホルモンの分泌量を増やし
睡眠で痩せやすくする7つのポイント!」
についてお伝えします。

①目覚めに太陽の光をあびる

太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされ
約15時間後に眠くなるとのことです。

ブログ内

ですので、朝起きたらカーテンを開けて
太陽の光を浴びてください!

②カフェイン、アルコールを控える

カフェイン、アルコールは身体に覚醒状態を
促し、睡眠への妨げになってしまいます。
暗くなってからは、なるべく飲まないように
しましょう!

ちなみに、眠れないからといって、寝酒にアルコール
を常飲されている方も、いるかもしれませんが
逆に途中で起きやすく、身体もうまく休まらない
睡眠になってしまいます。少量におさえましょう!

③夕食は炭水化物(糖質)を控える

米・パン・麺などの炭水化物を摂取することで
血糖値が上昇してしまい、成長ホルモンの分泌を
妨げます。

代わりに納豆や豆腐、枝豆などの安価で
食べやすい食材でタンパク質を摂取し
筋肉の成長のサポートをしましょう!

また、これらの大豆類は、トリプトファン
という成分を含み、それがセロトニンという
睡眠を誘う水分の素になってくれます。

④食事は寝る3時間前までに済ませる

睡眠中に胃が活動することで、消化・吸収
にエネルギーを費やしてしまい、成長に必要
な睡眠の質が劣化します。

ですので、胃の活動を抑えて眠るようにしましょう!

⑤寝る1時間前に38~40℃のお湯に浸かって入浴

お湯を熱くしすぎると体の深奥熱が高まって
寝つきが悪くなってしまうので注意です。

入浴後は湯冷めをしない程度に体温を下げ
一定に保つことで、眠気が促進されます。

⑥寝る1時間前はテレビや携帯電話を
見ないようにする。

光は人体によって、強い作用効果があります。
パソコンや携帯、テレビ、ゲームなどの刺激は
人間を長く起きさせるのに役立ちます。

できることなら寝る1時間前には
これらのものを断ち、本を読んだり
静かな活動で時間を過ごしましょう!

⑦部屋を暗くして寝る

部屋が暗いと自然な眠気がやってきます。

睡眠促進ホルモンであるメラトニンは
夜になると、自然と分泌されるようになります。

人間の脳は本能的に「夜は暗い」ということを
知っています。

ですので周囲が暗くなった状態に気づくと
夜がやってきたと知り、メラトニンの分泌を
促します。

ブログ内 睡眠

正しい睡眠をとれば、約300kcalを消費するそうです。
ウォーキング1時間45分相当のカロリーになりますよ。

今日からは、寝る1時間前を読書時間にして
楽して痩せる睡眠ダイエットを試してみませんか?

では、本日の基礎代謝アップダイエット女子会
はここまでにしたいと思います。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます!(^^)!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

友だち追加
メタトロンヘルスケア