こんにちは!
波動アップ健康・美容サポーター
滝沢裕子です。

まだまだ肌寒い日が続きますね。
昨日は、都内でも、みぞれとなり
今日は昼間は暖かくもなり

気温の変化がありますので
体調管理にはお気を付けくださいね。

今日は、命に関すること
をテーマにしたいと思います。

「命の尊さを感じるセミナー
を開催する裏側は・・・」

私たちは
「なぜ生まれてきたのか」
考えたことありますか?

私は、小学生の頃、いじめにあった時
とてもつらく、悲しくて…
「なんで私は生まれてきたのだろう」
と思った記憶があります。

「なぜ生まれてきたのか」
と思う時って、たぶん
ネガティブな感情を持った時ですかね?

あなたは、どうですか?

「なぜ生まれてきたのか」
思ったことがありますか?

なかには、生まれてきたことを
「後悔」とする方もいらっしゃいます。

しかし、この世に生まれてきたくても
生まれてこれなかった魂もいます。

代表的なのが「人工中絶」です。

日本では今、1年間で約18万件の
「人工中絶」が行われています。

出生数から弾くと、6回に1回の
妊娠が中絶されている計算です。

経済的な問題、母体の健康、意図しない妊娠、
など理由は、千差万別です。

しかし、生まれてきたくても
生まれてこれなかったのは事実です。

知っていますか?

中絶した胎児は、12週未満の場合は
「医療廃棄物」として取り扱われること…

医療廃棄物という言い方ですが
要するに「ゴミ」として取り扱われて
しまうのです。

もう、心臓が動いていることが判っていても、
まぶたの開閉ができていても、笑っていても、
赤ちゃんが、こちら側の声を聞こえていても…

「ゴミ」として処分されるのです。
そして、中絶となった水子の魂は・・・
どうなっているか知っていますか?

ほとんどの方が知らないと思いますが
水子の魂は、母親の霊体(子宮のあたり)に、
留まることになり、

母親が亡くなるまでは、
霊界へ戻ることもできない、
という悲惨な事態が起こるそうです。

霊界に戻ることができない
ということは、その間
魂は、生まれ変わることができない、
ということです。

人工中絶した経験がある方は
「仕方がなかったことだから」
「私は、供養したから大丈夫」
と、済ませていませんか?

私は、そうでした。

実は、20代前半の頃
2回の人工中絶をしてしまいました。

このことは、誰にも言わず
墓場まで持っていくつもりでいました…

私は、神様のお導きにより
波動アップコンサルタント三宅巧一さん

と出会い「波動アップコンサルティングⓇ」
を受けることにより

人工中絶が、いかに罪深いことなのかを
思い知らされ、胸が張り裂けそうになりました。

誰もが、霊的に成長するために、
自ら親を選んで生まれてきます。

私は、わが子を
私を選んで生まれてこようとしていたのに
私の勝手な都合で、地上の光を見せることが
出来ませんでした。

そして、霊界にも戻れずいる…

これは知らなかったでは済まされない
「重罪」ですよね。

私は「神伝水子供養セッション」
を受け、2人の水子の魂を無事霊界に
戻していただくことができました。

安心しました。

そして私は、このままではいけない!
と思いました。

これ以上、
人工中絶する母親を増やしてはいけないし、

中絶してしまった人に対しては、
私が学んだことをお伝えしていく義務
があると思いました。

なので、三宅さんに弟子入りして、
「神伝水子供養セッション」をできるよう
修行を積みました。

更に、自分の過去を公表し活動していく
ことを決断しました。

私は、活動として
「命の尊さを感じるセミナー」を
毎回「3名限定」で開催しております。

詳細は、こちらです。

中絶してしまった過去に、蓋をせず、
向き合っていただきたいです。

関連記事をご覧ください。
「人工中絶した女性は死後どうなるのか・・・」

・中絶した経験がある方
・中絶させてしまった経験がある方
・中絶してしまった方を知っている方など

この記事をお読みいただいて、お悩みでしたら
まずは、お問合せください。

私たちは、なぜ生まれてきたのか
何のために生きているのか・・・

私の恩師である
波動アップコンサルタント三宅巧一さん
が、破格のセミナーを開催します。

詳細は、こちらをご覧ください。

2/27(火)19:30~21:30 あと1名です。
(2/24現在)

私も会場にいます^^
是非お会いしましょう!

それでは、本日は
ここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございます。

波動アップで素敵な日々を
お過ごしくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

友だち追加
メタトロンヘルスケア