こんにちは!

波動アップ健康・美容サポーター滝沢裕子です。

今私は、波動アップ合宿で、
長野県白馬村に滞在中です。

日頃から、皆様の波動アップに関するサポートを
させていただています。

私たちには、肉体から出ている「肉体波動」と
意識から発している「意識波動」の2種類があります。

この両方の波動をバランスよく上げていくことが
波動アップのポイントになります。

そこで、その肉体波動を上げるためには
女性ホルモンが関係してきます。

最近、私たちの周りで話題となっている
「スローセックス」

あなたは、ご存知ですか?

「スローセックス」を調べてみると・・・

スローセックス

射精や絶頂を目的とした男性本位のセックスに対し、
ゆっくり時間をかけ、男女が互いをいたわりながら
肌を重ねる時間を楽しむ性行為である。
と書かれています。

セックスセラピストであるアダム徳永さんの著書が
ベストセラーになったことで
広く知られるようになったようですね。

なぜ、今、その「スローセックス」が話題に
なっているか・・・

冒頭でも、お伝えしたように
肉体波動を上げるためには、女性ホルモンが関係
してきます。

こちらのブログでも「女性ホルモン」について
先月、お伝えいたしました。

「女性ホルモンをメタトロンで増やすことは可能?」

この記事にも書いたように
「女性ホルモン」の分泌を増やすための
根本的な解決方法は、神様曰く一つしかないのです。

「良質的なセックスをすること
そして、何度もオーガズムに達すること」

そのために必要なのが「スローセックス」です。

しかし現代は、社会現象にまでなっている
「セックスレス」

今回のテーマは、ずばり「セックスレス」です。

日本では、性を話題にしただけで「下ネタ」
といった誤解を受けます。

しかしこれは、夫婦や恋人との関係においても、
人間として、健康に生きていくためにも
正面から向き合う必要のある問題なのです。

セックスレス①

日本は世界の中で、著しくセックスの頻度が低く、
なおかつ性生活に対する満足度も
著しく低い社会です。

「セックスレス大国」とも言われてる日本です。

ちなみに、セックスレスとは・・・

特別な事情もないのに1か月以上セックスがなく、
その後も長期にわたることが予想される状況
のことをいいます。
(日本性科学会によって1994年に定義されました)

その中でも、お互いにセックスを望んでいなく、
関係が良好であれば
セックスレスとは言わないのです。

セックスレスという状況は、
どちらかがセックスを望んでいるのに
セックスができない場合に限定されます。

1か月という期間が定義されてはいますが、
毎日のようにセックスをしていたカップルが
急にセックスをしなくなれば、
それが例え1週間であろうとセックスレスと感じる
こともあります。

つまり、実際にセックスレスと感じる期間は
人によって変わるということですね。

実際には、どれくらいの夫婦やカップルが
セックスレスなのでしょうか?

(社)日本家族計画協会が行っている
「男女の生活と意識に関する調査」によると
一か月間セックスしなかったという男女は49%

夫婦でのセックスレスは44%と
2014年の調査で明らかになっています。

日本人夫婦のセックスレスは歯止めがきかず
年々数字が上がってきています。

では、なぜセックスレスに・・・

セックスレスの主な原因は、
仕事や育児の疲労やストレス、精力の減衰、
不妊体質、スキンシップの低下、セックスに対する
抵抗や環境の変化などであるといわれています。

これらの原因が複雑に絡み合うことで
セックスレスが起こるため、何が原因で
セックスレスになってしまったか分からない
という方がほとんどなのです。

(社)日本家族計画協会の
「男女の生活と意識に関する調査」によると、
セックスに対して積極的になれない理由として、
男女別には、以下のような声が多いようです。

(1)仕事で疲れている…男性28.2%・女性19.3%

(2)面倒くさい…男性12%・女性23.5%

(3)出産後何となく…男性17.9%・女性20.5%

私が知る中でも
だいたい皆さん、このような理由を口にしますね。

また、ここ10年で「性嫌悪症」が原因とみられる
セックスレスが急激に増加している
と言われています。

性嫌悪症とは、性行為や性的な事柄を極端に嫌ったり
恐怖感を抱いたりする症状のことです。

かつては女性特有の問題でしたが、
近年では男性患者のほうが多いようです。

Businessman sitting on side of bed, looking tired.

Businessman sitting on side of bed, looking tired.

男性の性嫌悪症の98%が、
「セックスできないのは妻とだけで、
性欲自体は正常」

マスターベーションや浮気でのセックスは
できるケースが多いのです。

これは、どういうことと思いますか?

上記の調査結果や性嫌悪感症からも
セックスに向き合うには心と身体のバランスが大切
と感じます。

セックスに積極的になれない理由は
「仕事で疲れているから」「面倒くさい」等が
あげられていました。

疲れている身体は癒し
面倒くさいと思う心は調整する。

でも、なぜ、面倒くさいと思うのでしょうか?

セックスは奥の深いものです。

もちろん、好きになれない、楽しくないなら
しなくてもいいのですが、

人と肌を触れあわせて体をつなげる行為は、
「飽きる」ものではなく、
「もっと快感を追求できるもの」
ではないでしょうか。

お互いに気持ちがよくなれば、
相手への思いやりも愛着も深まります。
なにより、セックスの快感は
「癖になるほど素敵なもの」です。

好きな人とその快感を共有できるのは、
とても素晴らしいことですよね!

あなたの現状は、どうですか?

では「メタトロンでセックスレスは解消できる?」

メタトロンでは、
心と身体のバランスの調整が可能です。

頭にヘッドホンを付けて、
音波で体内をチェック&セラピーをします。

普段、自分では行き届かない細胞レベルまで
調整しますので
心も身体も本来の状態に近づけるようになります。

そうすることにより、
心も身体も喜び活性化されていきます。

普段当たり前と思っている身体に目を向けましょう!

「疲れている身体を癒し開放しましょう!」
「面倒くさい
なんて思ってしまう心を手放しましょう!」

メタトロンを是非、カップルやご夫婦でも
おススメします!

ハート②

そして、メタトロンを第一歩とし
お二人の関係性、セックスレス解消のお手伝いを
させていただきます!

お気軽に、ご相談くださいませ^^

「私には、関係ない…」
なんて、思わないでくださいね!

あなたの幸せ、喜びを手にできるのは、
あなた次第です。

それでは、本日は、ここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございます!

また次回をお楽しみに^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

友だち追加
メタトロンヘルスケア